ふたなり エロエロな館
FC2ブログ

エロエロな館

エロエロなブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)


異空間からの来訪者(その2)


■登場人物
白田精治(しろだ せいじ)
42歳。異世界から逃亡してきた強カン魔。時間を止めて女性の身体に寄生し悪戯する。

稲森和香(いねもり わか)
高校2年生。黒髪ロング。おっとりしていて温和。清楚。真面目。





俺の名前は白田精治。42歳。ここよりもずっと科学の発展した平行世界からやって
きた指名手配中の強カン魔だ。アイツらに捕まりそうになったがなんとか撒いて命からがら
ここまでやってきた。

この世界に来る途中、色々な便利道具も研究所から失敬してきた。
一定の範囲内で時間を止められる『ストップウォッチ』と姿をくらます『液体化の薬』が
思いのほか役に立ってるぜ!

特に『液体化の薬』は液体になって姿を隠すだけじゃなくていろんな人間や動物の身体の
中に入り込んで操ることができるなんて夢にも思わなかったぜ。

こんなに良いグッズがあるなら強カンも捗りそうだなwww
まずは先程手に入れたセーラー服姿のお嬢さんの身体でオナニーをしてみようかなw
ぐへへwww





稲森和香は席に座り授業中、ニヤニヤと怪しい笑みを浮かべていた。右手でシャーペンを
持ちノートを真面目にとっている一方で左手は机の下にもぐりプリーツスカートの上から
股間部分をやさしく撫でていた。

「ぁあん・・・」
名器が敏感に反応しオンナとしての感覚が伝わり、小さく喘ぎ声を漏らしてしまった。
それでは飽き足らず、エスカレートしていき激しく撫で続けていった。


「あひぃっ、あひゃあぁ~~、あへあぁ・・・はぁはぁ。気持ちひぃ。なんてきもちいいの
。病みつきになっちゃいそう。ああぁん♪」
今度は教室に響くほど大きく声を漏らした。温和でおっとりしていて清楚で真面目
そうな少女が教室の中で破廉恥な行為を繰り広げていった。
少女の席はど真ん中で教師や周りのクラスメイトの注目の的となること間違いなかったの
だが・・・。

彼らはこの少女の破廉恥な行為に全く動じておらず無反応だった。
それを良いことに今度は教壇のほうに行き床に寝転がり純白色のパンティを脱いでそれ
を自身の鼻に近づけ嗅いでみた。

「はぁはぁ。あたしのマン汁が少し染み付いててすごくエッチな匂いがするなぁ。こんな
に身体がコーフンしてるんだから当たり前か」
パンティをその辺の床に置いてその場に横たわり左手でセーラー服の上から胸を揉みほ
ぐした。プリーツスカートは捲れ露出されてしまい女性の名器が姿を現したので右手で
扱き始めた。

「うひいぃ。うひゃあぁ。気持ちよすぎ。扱けば扱くほどあたしのアワビが厭らしくとろ
けちゃう」
クラスメイト全員と教師はその様子をずっと目にしているのだがこれもまた何の反応も
示さなかった。
「ひぃ、あひゃん、はひぃ♪みんな、こっち見ないで。そんなにジロジロ見られると、あ
たし・・・・コーフンしてアワビからマン汁をたくさん出しちゃうじゃない。あぁん♪」
キュートな指を使いアワビを上下方向にやさしく撫で続けた。

「はぁはぁ。扱き続けてたら『俺』のエロマ〇コが敏感に反応しすぎて気持ちいいよ。そ
ろそろイッちゃうかも。ああん♪」





「あっ。身体が興奮したせいで間違えて『俺』って言っちゃった。あたしは正真正銘の女
の子・・・稲森和香なんだからそんなこと言っちゃいけないね。ぐふふ」

マ〇コ攻めを繰り返していたら身体が熱くなり無性に尖っているものを自身の名器の中
に挿入してみたくなった。立ち上がり近くに立っている20代後半程の若い男性教師の
ズボンを脱ぎ下してみた。
彼は少女の悪戯に怒鳴るどころか全く動じずクラスメイト同様に無反応だった。それを
良いことに黒色のトランクスの中に手を突っ込み男性の象徴であるグロテスクなペニス
を露出させたのだが、思いのほかそれは小指サイズであり手を止めた。

「うわっ、小さっ!」
少女は辛辣な言葉を発した後それをトランクスの中に戻した。
そして次に目をつけたのが机の角だった。

机の角を利用して角オナを始めることにした。

「はぁはぁ。これはちょうどいい硬さだなぁ。あたしのアワビちゃんをどれくらい満足し
てくれるのかしらね。むふふ」
そう囁き唇を歪ませプリーツスカートを捲りあげパンティを下し名器を机の角に近づけ
擦り付けた。

「ぅぅう・・・・ぅああ!」
すぐに刺激が伝わりその尖った部分を棒に見立てて激しく扱き続けた。
「ひいぃっ、なにこれ。気持ちよすぎ。身体に快楽が伝わってきてイッちゃうぅ。もう我
慢できない。うぁああああ!!!」

シャアアアアア~~~

和香は最後までイッてしまい愛液を噴き出した。とんでもないことをして今度こそ誰か
がリアクションするだろうと思われたのだが教師も教壇に立ったままであり周りのクラ
スメイトも席に座ってるままで全く反応がなかった。

なぜなら彼らは静止しているからなのだ。
壁に掛けてある時計を見ると針が『8時36分』で止まっている。彼らは時を止められ
時の狭間にある今現在起こっている出来事を知ることはできず和香(精治)の変態行為を
誰も覗くことはできなかった。




白田精治は女子高生の稲森和香の身体に寄生し操り、教室へ行ったあとでも授業中に時を
止めて狭間の時間で30分ほど少女の身体で卑猥なプレイを繰り広げていった。

「はぁはぁ。角オナ気持ちよかったぜ。おマンコとクリちゃんが熱くなって身体がこんな
に敏感になれるなんてすげぇーな。JKはやっぱ最高だな!グヘヘwww」
少女の可愛らしい声を使って男性口調で不適切かつ下品な言葉をたくさん口にした。

『ボゴオォォォーンッ!!』
気を緩めていると股間部分からグロテスクなペニスが露出された。パンティから剥き出
しになっておりプリーツスカートのシルエットは乱れた。

「俺のムスコも復活したようだし周りにいるほかのお嬢さんらにもコイツを味わって
もらわないとなwぶへへwww」

席を移動し一番前にいるポニーテールの髪型をした少女が座ってる席まで行った。
「明菜ちゃん、あたしのムスコの面倒を見てちょうだい♪ぐひひwww」
そう言うと『明菜』という女子生徒の机の上に乗り彼女の唇の中にパンティから剥き出し
になっているペニスを挿し込んだ。

「むふぅっ、あひゃっ、あひいぃ、いひぃっ、いくぅん♪」
「これはまたたまらない。同じ女の子のお口にチンポ挿入するの気持ちいい。気持ちよす
ぎて・・・またエッチな汁でちゃいそう」
「あぁん。もうだめぇ。ム・・・ムスコが大変お世話になりましたぁ・・・・うあぁああああ♪」

和香は彼女の唇の中に何度もペニスの出し入れを繰り返していき、そうしているうちに
も(全体的に見て女の子の身体でありながら)男性としての快楽を味わうことができそれ
が絶頂を迎え濃厚な精液を彼女の唇の中に飛ばしてしまった。

「はぁはぁ。明菜ちゃんったらお口が汚れてるよ。あたしが綺麗にしてあげるからね」
明菜の唇の中は精液で溢れていたのでキュートな舌を使って唇にキスをして舌を絡ませ
つつ精液を吸い取った。

「ムスコはまた収納されて見えなくなったけどパンティはすっかり汚してしまったなぁ
。仕方ないから明菜ちゃんのパンティに履き替えよう」
精液と愛液により汚れたパンティを脱いで明菜のプリーツスカートを捲り同じく純白色
のパンティを脱がして履き替えた。そして使用済みのパンティのほうは袋に包み和香の
カバンの中にしまっておいた。

「時を止めてからまだ40分しか経ってないな。まだまだ時間があるみたいだし、また外
でも巡回してみるか。可愛い女の子や美しい女性を見かけたら、この身体で強姦すること
になるなw女同士ってのも面白いしなwwwグヘヘwwwww」
ニヤニヤと下品な笑みを浮かべながら教室から出て学校から出ると校門のほうにある原
付のところまで歩いた。近くには生徒指導の教師が原付を怪訝そうに見ていた。

時間を操ったことで時間を止められた人間にとっては急にそこに原付が現れたように
見える。それにより目を疑いたくなるほど驚愕してしまったのだろう・・・・。

少女は怪しい表情を浮かべて原付に跨り発進させその場を去っていった・・・・。



スポンサーサイト
[PR]


[ 2016/09/02 01:27 ] 寄生 | TB(-) | CM(-)


粘着質な男(その16)

堀原明宏(ほりはら あきひろ):32歳。男性。フリーター。セーラー服フェチ。
楠田俊夫(くすだ としお):27歳。男性。フリーター。熟女好き。
小玉精次(こだま せいじ):35歳。男性。フリーター。コスプレ女装子。
寺石真由美(てらいし まゆみ):高校2年生。女性。黒髪ロング。清楚。真面目。
寺石千恵子(てらいし ちえこ):42歳。女性。真由美の母親。ナース(コスプレ)。
時越暁美(ときこし あけみ):23歳。女性。保険外交員。猫耳メイド(コスプレ)。
墨耶玉枝(すみや たまえ):26歳。女性。連続強盗犯。指名手配中。

●明宏が携帯電話で呼んだ仲間たち●
柏柳弘幸(かしわやなぎ ひろゆき):31歳。♂。自宅警備員。オタク。性欲旺盛。一度に大量放出。
取本英也(とりもと ひでや):27歳。♂。会社員。誠実。女性経験豊富。テクニックが上手い。
森西鉄平(もりにし てっぺい):19歳。♂。大学2年生。茶髪。勢いがすごい。何度でも復活。
杉林勝史(すぎばやし かつふみ):48歳。♂。ホームレス。風貌が原始人。ワイルド(肉棒が極太)。
屋束俊太(おくたば しゅんた):36歳。♂。自営業。小心者。控え目な量でジワジワと攻める。
有村秀則(ありむら ひでのり):40歳。♂。玩具屋店長。いろいろな大人の玩具所持。性具の使い手。




午前6時・・・。
朝日が昇り部屋は明るい光に照らされた。

淫乱で卑猥なムードがするその部屋には女3人と男6人が自らの性欲に酔いしれ暴走し
男女互いの肉体への乱交を続けていった。そして絶頂を迎え最後まで逝ってしまった彼
らは疲れ果て部屋のあちこちで横たわり眠りについた。

大きなベッドの中央に眠っているセーラー服巨乳黒髪ロング美少女の真由美{玉枝(
明宏)}はセーラー服を胸のところまで半脱ぎされブラと赤いスカーフは外されプリーツ
スカートは捲らせ純白色のパンティには男性の汚れた精液(ザーメン)が付着しエロ
エロな色へと染まっていた。

真由美{玉枝(明宏)}は汗を掻き頬を赤らめ唇から涎を零しみっともない乱れた姿で眠
っていた。肌には多数の男の濃厚な精液(ザーメン)が付着し乳房のところには母乳(ミ
ルク)が少し出ていた。名器はとてつもなく濡れており愛液(ラブジュース)と精液(
ザーメン)が混じり合い汚れていた。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

[タグ未指定]
[ 2014/08/26 13:51 ] 合体・融合 | TB(-) | CM(-)


射精少女(抜)



堀丘亮輔(ほりおか りょうすけ)・・・・・・大学4年生。22歳。男性。
杜下奈緒美(もりした なおみ)・・・・・高校1年生。女性。黒髪ロング。清楚。真面目。




堀丘亮輔はアパートの自室に籠りベッドにうつ伏せになりペニスをベッドに擦りつけて
いた。そうしているうちにも興奮が高まり身体が熱くなり早くもペニスが膨れ上がり絶
頂を迎えそうになっていた。

「うっ、うぁぁああああ、もうだめだぁ、でるぅうううう!!!」と部屋中いっぱいに
大声を響かせるとともに射精してしまった。
ペニスから噴出されてしまった半透明色の汚らわしい粘液はそのままシーツに染み付く
と思いきや、ヌルヌルと生き物のように動きひとつにまとまった。

その奇妙な粘液は窓のちょっとした隙間から抜けて外へ出て誰かを待ち伏せた。
時刻は17時。夕方と言っても7月のためまだ明るい。

自分の家に帰宅する人がたくさん通りかかり静かに見届けていた。
だが一人のセーラー服を身に付けた美少女が通りかかったとき、その粘液は素早く移動
しプリーツスカートの下を覗き純白色のパンティの隙間を抜けて尻の中へ侵入してしま
った。

「うぅ・・・」
少女は一瞬白目を向き倒れそうになったのだがすぐに目を覚ました。少女とは思えない
不気味な表情を浮かべながら・・・。

少女は向きを変え先程通り過ぎたアパートに視点を移しそこへ向かって移動した
。堂々と入口に入り『103 堀丘』という表札のある扉の前に立ち扉を開け中へ入っ
ていった。
その部屋は8畳ほどのワンルームとなっており部屋全体から汚らわしい男臭が漂っていた。
ベッドの上には全裸姿の20代前半ほどの男性がうつ伏せのまま眠っていた。

少女はそれにも目をくれずに姿見の前に立ち自身の姿を確認していた。
「ははは。これが今の俺の姿か。随分と可愛らしい女の子の身体に寄生できたじゃないか」
と少女とは思えない怪しい表情を浮かべながら男性のような荒い口調で呟いた。

姿見に映るのはセーラー服を身に付けた潤いのある黒髪ロングに若々しい艶やかな肌・
夢や希望に満ち溢れた何の汚れもない天使のような大きくくっきりとした瞳・小さくて
とてもキュートで愛らしい小さな手足・大人へ向けて順調に年相応に成長している胸を
持った清楚で純粋で真面目な雰囲気のする可愛らしい小柄な少女の姿があった。

「はぁはぁ。セーラー服姿の黒髪ロングの美少女だぁ。俺、いつかこんなに可愛らしい
女の子に成りたかったんだよな。寄生することができて良かったぜ。これからこの身体
、たくさん楽しませてもらうよ。よろしくな。高校1年生の『杜下奈緒美』ちゃん。は
はは」

大学4年生の堀丘亮輔は女子高生の『杜下奈緒美』の身体に寄生し操ることに成功した。
「さてとまずは奈緒美ちゃんの感度でも確かめてみようか。へへへ」
奈緒美(亮輔)はセーラー服越しに胸を揉みプリーツスカートの上に手を添えて刺激を
与えてみた。

「んっ、ぅああんっ。これは・・・気持ち良いぞ。もっと弄っちゃおうっと」
「ぁんっ、はあぁぁあん。いいっ、ああっ、いいよぉ。ああぁっぁん♪」
奈緒美(亮輔)は部屋中いっぱいに甲高い喘ぎ声を響かせた。

「あぁんっ。あたし、知らない男の人の部屋に入って勝手にオナってる変態女子高生なの
。こんなところを家族や友達に見られたらどうしよ。あたし、きっと変な目で見られるよ。ど
うしよぉ。はぁっぁあああん♪」
「だけど、とても気持ち良いのぉ。あたし病み付きになって止められないの。はぁはぁ♪」
奈緒美(亮輔)は少女の口調を真似て喘いでみせた。

すると・・・・。
「うぅ・・・うあぁぁぁあっ、あたし、いくぅ、いくぅんっ、もう耐えられないよぉ。
あたしのファーストオナニーをここでしちゃおうっと♪あああぁぁぁあぁっ、もっ、もう、だめぇぇええ。
うああああああぁぁぁぁあ!!!」

シャアアア~~!!
大量の濃厚な愛液が秘部から噴出され純白のパンティを汚らわしい色に染めてしまった。
「はぁはぁ。これが女子高生のオナニーか。病み付きになりそうだぜ」

「それにしてもこの娘、可愛いな。このまま俺の身体として使ってみようかな。そうだ。そ
れがいい。今日からこの身体は俺のモノだ。俺は今日から女子高生『杜下奈緒美』だ。
ぐへへ」と言って奈緒美(亮輔)はだらしなく床に寝転がったのだがすぐに立ち上がり
テーブルに置いてある性欲剤をたくさん飲みほした。

するとすぐに身体に異常が見られた。身体全体が熱くなり女性器から何かが出てくるの
を感じた。

ボゴオォ~~ン!!
そして嫌らしい濁音とともにそれは出現してしまった。プリーツスカートが盛り上がっ
ておりそれを捲ると男性の象徴である根太く大きなペニスがそこにはあった。
「ははは。強力な性欲のあまり俺のイチモツが出てきてしまったようだ。まぁ、これ
も悪くないかな。こんなに可愛らしいんだ。唯一の汚点があってもいいよな」

「あたし、おちんちんが生えてきちゃったぁ。どうしよう・・・。こんなこと誰にも言
えないよぉ・・・・・なんちゃってね♪ぐはは。女の子の身体をベースにこれからふた
なり娘や男の娘として生きていくのもいいよな。是非とも奈緒美ちゃんに感想を聞いて
みたいところだぜ」とニヤニヤと怪しい笑みを浮かべてそう言ってテーブルに置かれて
いる別のドリンクを飲みほした。

そしてベッドに眠っている全裸姿の男(亮輔の抜け殻)を仰向けにし唇を近づけキスを
した。
奈緒美としてはこれがファーストキスということになってしまった。

奈緒美の唇から粘液状の液体が現れ亮輔の口の中に入っていき全てそこに注ぎ込まれる
と奈緒美(亮輔)は口を離した。

それから数十分後のこと。
ベッドに横たわっている亮輔は目を覚ました。
「んん・・・あたし・・・・いったい・・・・どうしちゃったんだろう・・・」と亮輔
は女の子のような口調で呟いた。

「ようやくお目覚めみたいだね。杜下奈緒美ちゃん。ぐふふ」
そのどこかで聞き覚えのある声に反応し顔を上げると目の前にはセーラー服を身に付け
た黒髪ロングの少女が目の前に立っているのに気が付いた。

この少女はどこかで見たことがある。
いったい、誰だろう・・・。
この少女はちょうど自分と似ている・・・。
似ている・・・・?
あたしの顔もちょうどこんなだったような・・・・あっ・・・・ああああ・・・・!!!
目の前にいるのってもしかしてあたし?

「ははは。ようやく意識がはっきりしてきたようだね。そうさ。これは君の身体だよ。
この『粘液の薬』を飲んで俺の中身は粘液化して君の身体に寄生したのさ。そして君が
気絶しているうちに君の中身を俺の身体の中に寄生させたんだ。相互寄生・・・・まぁ
、身体の入れ替わりってやつだな」

「そんな・・・・こんな身体嫌だ!早く元に戻してよ!」
「ははは。この身体にそんなに戻りたいのか?」
「決まってるでしょ。そんなこと!」
「だったら、これを見てもそう言えるのかな?」
「・・・え?」

奈緒美(亮輔)はプリーツスカートを捲り上げ男性の象徴である大きなペニスを見せ付
けた。

「な・・・・なによ?これ。あたしの身体に何をしたの?」
「ぐふふ。性欲剤をたくさん飲んだら俺の中身が出現しただけだよ。もちろん引っ込め
ることもできるよ」と呟きながらペニスを弄り体内に収納され元の女性器に戻った。

「だけど、俺としては今後この身体でふたなり娘または男の娘として君に成り済まして生
きていこうと思ってるんだ。別にいいよね」
「そんなこと・・・良いわけないでしょ。それはあたしの身体よ。早く元に戻してよ!」

「違うわ。これはあたしの身体よ。あたしが正真正銘、杜下奈緒美なの。この大きな胸
だってクリトリスやオマンコだって全部あたしのモノなの」
「違う。杜下奈緒美はあたしよ。あたしの口調を真似て変なこと言わないで!!まるで
変態みたいじゃない!!」

「だって、仕方ないじゃない。あたし、変態な女の子なんだから」と言って再びペニス
を露出させキュートな手で弄り始めた。
「うぅ・・・・うあああぁぁぁぁあん。あたしのおちんちん・・・なんて気持ち良いの
。こんなに気持ち良くなれたの、あたし・・・はじめて・・・あぁぁん♪」
奈緒美(亮輔)はペニスをプリーツスカートに擦り付け刺激を与え続けた。
「はぁん、ああ~ん。きもちいいっ。病み付きになっちゃいそう。女の子の癖におちん
ちんを扱いているなんて誰にも言えないよぉ。ああああぁん♪」
「やめて。ふざけないで!!」

「ふざけてなんかいないよぉ。あたしは・・・・いや、こんなにでかいチンポを持って
ると『あたし』とは言えないね。おれ?ぼく?・・・・・・うん、そう『ボク』だね。
ボクはただ射精したいだけなんだ。邪魔しないでよね。はぁぁぁあぁん♪」

「うっ、うあぁっ、きもちいいっ、もうそろそろボクいくっ・・・・いっちゃうよぉ~
ボクの精液を顔面にたくさんぶっかけてあげるね。あああん♪
「やっ、やだぁぁぁああ、やめてぇえええぇえ!!!」
「ああぁん、そんなこと言っても理性がもう止められないよぉ。ボクいくっ、うぁっ、
もうだめだぁ、今度こそいっちゃうぅ、うあああああぁぁぁぁぁ!!!!」

どぴゅっ、どぴゅっ、どぴゅっ~~~!!!
奈緒美(亮輔)は濃厚な精液を大量に放出させ亮輔(奈緒美)の顔面にかけた。
それにより「うぅ・・・・」と呟き気絶してしまう亮輔(奈緒美)。

「はぁはぁ。気持ち良かったぜ。この身体、これからも有効活用だな。俺はこの通り
ふたなり娘として生きていく。だから君もこれからは『堀丘亮輔』として生活してくれ
。じゃあな。元『杜下奈緒美』ちゃん。ぐははは」

奈緒美(亮輔)はペニスを剥き出しのまま身だしなみを整えて奈緒美の鞄を持ち外へ出
て行った。それ以来、大学4年生の堀丘亮輔は女子高生の『杜下奈緒美』に成り済まして
ふたなり娘として淫らな生活を続けていった。




検索フォーム
PR










アニメファクトリー 

  

アダルト電子コミック


最新トラックバック
関連サイト(別館)
9235ea0c.jpg
訪問者数
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。