オナニー エロエロな館
FC2ブログ

エロエロな館

エロエロなブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)


異空間からの来訪者(その3)


■登場人物
白田精治(しろだ せいじ)
42歳。異世界から逃亡してきた強姦魔。セーラー服フェチ。時間を止めて女性の身体に
寄生し悪戯する。

稲森和香(いねもり わか)
高校2年生。黒髪ロング。おっとりしていて温和。清楚。真面目。

望月加奈子(もちづき かなこ)
高校3年生。県内一の難関進学校に在籍。優等生。真面目。生徒会長。


-----------------------------------------------------------------------------------


原付を走らせること20分・・・・。
稲森和香(中身は白田精治)は別の高校の入口前で降りニヤリと怪しい笑みを浮かべつつ
中へ入っていった。

この学校は男女共学。偏差値は和香の学校よりも高め。制服はブレザーだった。
白田はセーラー服派(正確にはセーラー服フェチ)なのだがブレザーも好きなので卑猥な
プレイをたくさんできることを期待しつつ各クラスを巡回していった。

県内一の難関進学校だけあって真剣に授業に取りかかる生徒たち。どのクラスでもし
っかりとした授業風景を垣間見る。

この学校の生徒らは地味な子が多く、和香の通っている学校よりは顔面偏差値が低めだが
その中で3年D組のほうで比較的可愛らしい女の子を発見した。
髪は三つ編み。眼鏡をかけており真面目に勉強に取りかかっている。優等生風に見えた。
和香に比べたら地味なのだがこの学校の中では一番可愛らしかったので彼女をターゲッ
トに決めた。

早速彼女の席まで歩き勉強道具をどかして机に乗り唇にキスをする。
唇の中でお互いの舌同士を絡ませる。
「勉強ばっかじゃ、つまんないでしょ?あたしと一緒にエッチな保健体育のお勉強でも
しよう」
「あぁん♪素敵なエロ舌。身体の感度のほうも良いのかな?少し調べさせてもらうね。ぐ
ひひwww」

もう一度彼女の唇にキスをした。すると白く濁った大量の粘液が彼女の唇の中に流れて
いった。それにより和香は意識を失い身体が床に倒れそうになった。一方、彼女のほうは
突如ニヤリと怪しい笑みを浮かべ和香の身体を支え床に寝かせ教室を出て女子トイレの
中に入っていった。

「ぐへへ。眼鏡を外すともっと可愛いよな。記憶によるとこのお嬢さんは『望月加奈子』。
成績は優秀。この学校の生徒会長のようだ」
「こんなに真面目な優等生が俺みたいな汚れた心を持った下品なオッサンの餌食になっ
てしまうとはついてないなwぐひひwww」

「悪いが俺様がこの肉体に寄生したからには無事では済まないぜwとことん楽しませて
もらうとするよwwぐへへwww」
「どれどれ感触のほうは・・・」

加奈子は緑色のブレザーを脱いでブラウスの上から胸を揉み始めた。
「あぁん。これはまた良い。この身体、敏感に反応しやがるぞ。もっと揉んでしまえw」

「あひぃ、あひゃぁん、あへぇあ、はあぁん」
揉んでいるうちに身体がムラムラと疼いてしまい全身が熱くなったので赤いリボンを解
いてブラウスのボタンをすべて開けてみた。ベージュ色のブラの下に普通盛程度の胸を
揉みつつ生地がベージュ色のチェック柄のスカートの中に手を忍ばせて純白色のパンテ
ィの上から名器をやさしく撫でてみた。

「あひゃっ、あふぇっ、はひぃっ、ひいぃっ。いいぞ!この女体、和香ちゃんよりも敏感
に反応しすぎw今まで勉強ばかりだったからオナニーをしてこなかったんだろうな。こ
んなに溜まってんなら俺が代わりに外に放出させてやるよ。はぁはぁ」

女子トイレから教室へ戻るとクラスメイトは全員机に座ったままじっとしており動かな
かった。教壇に立っている教師も同様に何のリアクションも見せなかった。彼女の破廉恥
な姿を見ても時間を止めているため動じることも気づくこともできなかった。

興奮した様子で教室に入ってきた彼女はクラスメイト全員と教師の顔を見定め男女に関
係なく顔にキスをしたり舐めまわしたりした。女子の場合は胸や名器を弄ったりとセク
ハラし続けた。

最後には床で横たわっている和香のところに近づき他の女子生徒と同様に抱き着いてキ
スをしたり胸を揉んだり名器を弄ったりと同様の変態行為を繰り広げていった。
だが抵抗は全くしない。人形のように都合良く弄ばれていった。

「はぁはぁ。我慢してきたが俺もそろそろ限界かな。フィナーレは和香ちゃんの顔面で
抜きたいぜ」

加奈子はチェック柄のスカートを捲りあげパンティを脱ぎ下し和香の顔面に名器を擦り
付けた。
「ぅぅん。ぅあああ。ひいぃ。いいっ。気持ちいいよ。和香ちゃんの唇や頬ってやわらか
くてサイコー。こんなに可愛い女の子の顔で抜くことができるなんてあたし幸せ。あたし
、勉強ばかりでオナニーはあまりしてこなかったから相当溜まってるの。ちょうど良い機
会だから外にたくさん出しておかないと・・・」

「濃厚な液がお口の中に入ってもあたしを恨まないでね。恨むならあたしの身体に寄生
して操ってる強姦魔のおじさんを恨んでね・・・・なんちゃってwww」

身体はすっかりと発熱反応を起こしており汗まみれになっていた。ブラウスは汗まみれ
になっており透けておりエロチックな姿となっていた。それに加えて彼女の身体の理性
は消え失せており優等生の面影はなく醜い獣と化してしまった。

「ぅうああああ、そろそろだめぇ。いくぅ。おれ、いっちゃうよおぉ。うぁあああああ!!!」
シャアアアアア~~~!!!!
大量の濃厚な愛液が噴き出した。それが和香の唇の周囲にかかってしまった。

「あら、和香ちゃん。あたしったら興奮してこんなにかけちゃった。今お掃除してあげる
から許してね。はぁはぁ・・・」

じゅうぅ~~、ちゅぱぁっ、じゅぱっ~~!!
顔を近づけ周囲を舐めて綺麗にしたあと、舌に付着している愛液を全て飲み込んだ。
「むふふ。ごちそうさま」
「制服が汗でびしょ濡れになったから新しいのに着替えないといけないなw」

ニヤニヤと怪しい笑みを浮かべながらブラウスとチェック柄スカート・ブラジャー・パン
ティを脱いだ。そして和香の身に着けているものを全て脱がし、それに着替えた。

着替え終えると全裸姿の和香を保健室に運びベッドに寝かせた。裸だと可哀想なので学
校の部室を漁ることにした。すると演劇部の部室に浴衣があったのでそれを着せること
にした。それはすごく似合っており可愛らしさを引き立たせた。

そのあと女子トイレへ行き姿見の前で自信の姿をじっくりと眺めてた。
「へぇー。セーラー服姿も良いじゃん。和香ちゃんには劣るけど可愛いいほうなんじゃな
いかw性欲がまだまだ有り余ってるからもう少しだけこの身体使わせてもらうぜwww」

身だしなみを整えた後、三つ編みを解いてみると艶やかな黒髪がサラッと背中のほうに
かかった。

「さてと次はどこにいこうかなw」
彼女は不気味な表情を浮かべ学校を出て入口付近に止めてある原付に跨り次の目的地に
向けて移動した。




スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

[ 2016/09/06 12:57 ] 寄生 | TB(-) | CM(-)


同人作品「おなにっき フタナリ少女誕生編(仮称)」挿絵まとめ

挿絵10枚+差分2枚(随時更新 最終更新日:2016/06/12)

●フェラチオ
onahuta_a010.jpg

●寄生乗っ取り前
onahuta_a001.jpg


●寄生乗っ取り後
onahuta_a004.jpg
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

[タグ未指定]
[ 2016/06/01 14:02 ] 同人 | TB(-) | CM(-)


粘着質な男(その18)


堀原明宏(ほりはら あきひろ):32歳。男性。フリーター。セーラー服フェチ。真由美の身体に粘着合体。
寺石真由美(てらいし まゆみ):高校2年生。女性。黒髪ロング。清楚。真面目。
墨耶玉枝(すみや たまえ):26歳。女性。連続強盗犯。指名手配中。真由美(明宏)に粘着合体されたまま。





「はぁはぁ。見事だな」
真由美(明宏)はひたすらグロテスクなペニスを弄り続けると肥大化したものがさらに
極限にまで大きくなっていた。部屋の姿見にはグロテスクなペニスを備え持ったセーラ
ー服姿の美少女の姿が映し出されていた。



「はぁはぁ。ここまでデカくなるなんて思わなかったぜ。美少女の身体と合体できて相
当興奮してるようだな、俺のペニス・・・。このサイズまで膨れ上がったのは久々だか
ら記念に撮っておくかwww」

そう言って怪しい笑みを浮かべてビデオカメラを前方にセットさせ醜いフタナリ少女の
姿を記録に残すことにした。


続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

[タグ未指定]
[ 2016/05/20 03:59 ] 合体・融合 | TB(-) | CM(-)


粘着質な男(その17)


真由美の身体に粘着合体している明宏は、今日も放課後に彼女の精神を眠らせ身体の主
導権を奪い誰もいない学校の教室で自慰を行っていた。

彼女は床にしゃがみ込みプリーツスカートを捲りあげ純白色のパンティを下した。そして指で
やさしくその部分を撫で続けてみた。

「ん・・・うぅ・・・・うああああ♪」
名器が敏感に反応したようで真由美(明宏)は卑猥な声を教室全体に響かせる。
そのときだった・・・・

『ボゴオオオオォン!!』

股間部分に急に男性の象徴であるグロテスクな肉棒が出現してしまった。



「やだ!興奮したらでっかいチンポ出ちゃったぁ。あたしったらなんて汚らわしい女の子なの。
こんなところを誰かに見られたらどうしよう。早く扱いて中に引っ込めなきゃ。はぁはぁ・・・・」

真由美(明宏)はそう囁きキュートな手で肉棒をやさしく撫で始めた。

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

[タグ未指定]
[ 2016/05/04 01:43 ] 合体・融合 | TB(-) | CM(-)


卑猥突起物製作所 白濁駅前店 手の込んだ乗っ取り


時刻は夜の9時。高校2年生の笹杜麻由美は部活を終え友達と別れ家に帰宅しようと学
校からの最寄り駅へ急いだ。するとちょうど電車が来たのでそれに乗り込んだ。車内に
は麻由美の他にサラリーマンや学生などがまばらにいた。

麻由美は適当に席に腰かけ疲れのせいか眠ってしまった。
『ゴトンッ!!』
あれからどれくらい時間が経過したことだろうか。急に電車が揺れ動き何かにぶつかる
音がしたので麻由美は目を覚ました。

「なに?いったい?」
麻由美はとっさに呟いた。周囲を見渡すと妙なことに乗客は全員なぜかいなくなってい
ることに気が付いた。
自分ひとりだけがその空間に閉じこめられたようで不安を覚えた。

「これはどういうこと?さっきまで人がたくさん乗っていたのに・・・」
違う車両に乗り移ったのだろうか。いや、乗り移る理由が見当たらない。
途中駅で自分以外の全員が降りたのだろうか。いや、途中で降りるとしてもそこまで多
くの人が降りるような大きな駅はなかったはず・・・・。麻由美は色々と考えを巡らせ
たのだが何も思い浮かばなかった。

そのとき車内にアナウンスが流れた。
『まもなく終点の白濁駅・・・。白濁駅です・・・』
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

[タグ未指定]
[ 2015/05/04 03:41 ] 合体・融合 | TB(-) | CM(-)


検索フォーム
PR










アニメファクトリー 

  

アダルト電子コミック


最新トラックバック
関連サイト(別館)
9235ea0c.jpg
訪問者数
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。