収吸二日制(その4) エロエロな館
FC2ブログ

エロエロな館

エロエロなブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)


収吸二日制(その4)


山崗伸昭(やまおか のぶあき)・・・・大学4年生。22歳。男性。『融合の薬』所持。
倉中遼香(くらなか はるか)・・・・・高校2年生。女性。黒髪ロング。清楚。




外へ出て行った伸昭は道を歩きバスに乗って山のほうへ向かった。
そこに着いてしばらく歩くと今はもう信仰を失い廃れてしまった神社があった。
伸昭は躊躇なく鳥居を潜った。
『おお、伸昭様だ!』
『伸昭様。ご苦労様です』
『私たち、ずっとここで帰りをお待ちしておりましたよ』
前方から声をかけられた。

伸昭は前を見ると5人の女性が立っていた。
ひとりは30代前半くらいのキャバ嬢・そしてもうひとりは20代前半の質素な雰
囲気のするOL・婦警・熟女・老婆の5人の女性・・・。
彼女ら全員、伸昭によって吸収され融合されてしまった人物である。




●山崗伸昭

吸収し体内に別の肉体を保管できる期間は2日間(48時間)。
それを経過してしまうと吸収されてしまった人間の身体は強制的に解放(分離)されて
しまう。
もちろん元の状態ではなく互いの肉体が混じり合った不純物(融合分離体)としてね。

僕に吸収融合されてしまった者はもう二度と元の状態には戻れない。
長い時間、体内に取り込むことよって精神も僕のモノが混じり合う。そして徐々に侵食
され今では皆、完全に僕の忠実な従者となったってわけさ。
遼香ちゃんも出来る限り長い時間、僕の体内に入れてたくさん僕の精神を汚染させてあ
げないとね。

僕は彼女らを身体から分離させるときに家にでも帰らせても良かったんだけど、せっか
く手に入れた肉体なんだしなんだかもったいないと思ったのでこの人里離れた山奥にあ
る廃神社に潜伏させたってわけさ。
そして彼女らの失踪の真相を『神隠し』にでもすることにした。

そうだ・・・・。
ねぇ。君たち。僕の新しいこの肉体をどう思う?
この少女の名前は『倉中遼香』って言うんだよ。
性格は少し最悪だけど清楚で純粋で真面目な雰囲気のする黒髪ロングの女子高生さ。
これは僕が前々から狙っていたもので昨日ようやく体内に取り込んで融合して手に入れ
たばかりなんだよ。

え?可愛いだって?
みんな、ありがとう。そう言ってもらえるととても嬉しいよ。
せっかくだから僕とたくさんエッチなことをしようよ。
(僕が現れるまで)何の汚れもない新鮮な女子高生の身体でね。あはは。




●倉中遼香

ああ。どうしよ。なんでこんなことになったの。
こんなに醜くて汚い不細工で下品な男の身体なんて嫌だ。
どうにか元の姿に戻らないと。

うぅ・・・・。あれ、なんだか身体がムラムラする。
あたし・・・いったい、どうして?
身体全体から性欲が湧きおこってくる・・・・。
今のあたしの身体に生えてる突起物がだんだん膨れるよ。

うぅ、あぁぁぁあん・・・。
何これ?ちょっと触れただけなのに身体が敏感になる・・・。
あたし、いったいどうしたんだろう・・・・。

伸昭の姿をした遼香は気が付けば無意識のうちにベッドに大きなイチモツを擦り付け男
性としての快楽を味わっていた。

むぅ・・・むふぅ・・・・。
これ・・・・気持ち良すぎ・・・・・。って・・・いけない・・・。あたし、本当にど
うしちゃったんだろう。
こんなに醜いことをしているのに。だけどとても気持ち良すぎて止められない。
まるであたしじゃないみたい。
はぁあぁぁあんっ!!!

んぅ・・・・うぁぁぁぁあああ・・・・・・はぁぁぁあぁあんっ。
もうだめぇ、あたし、いくぅ、うぁぁぁぁあああっ!!!
どぴゅっ、どぴゅっ、どぴゅっ!!!

遼香は男性としての感覚に負け理性を失い自慰を続け早くも逝ってしまった。
濃厚な精液がベッドのシーツにかかった。

自慰をやり終えるとベッドに横たわり休むことにした。
すると身体が徐々に変化していくことに気が付いた。身体全体が収縮され小柄な少女の
ような肉体に変わっていった。

身体の変化に気が付いた遼香は立ち上がり姿見で自分の姿がどうなっているのか確認す
ることにした。するとそこには黒髪ロングで清楚で真面目な雰囲気のする少女の姿が映
し出されていた。

えっ?これっていつものあたしの姿・・・・。
やったー!!元に戻ってる!!!

遼香は自分の姿が元に戻っているのを見てとても喜んだ。




時刻は10時。
遼香の姿をした伸昭は彼女らと別れアパートの自室へ向かった。
「はぁはぁ・・・。今日はとても気持ち良かったよ。遼香ちゃんにも今日のことを報告
してあげないとね」
伸昭は携帯電話を取り出して写真をニヤニヤと眺めた。
そこには遼香が女性5人と卑猥な行為をしている場面が写っていた。

「ああ、これを見てるとまた身体がムラムラしてきちゃったぁ。ぐふふ。家に帰ったら
またオナニーしようかな」と呟き道を歩いているといつの間にかアパートに到着した。
自室の扉を開け中に入ると一人の少女が玄関で靴を履いている場面に出くわした。

それは元の自分の姿に戻った遼香だった。
大きめな男の服に着替え靴を履き外に脱出しようとしていた。

「おっと。どこへ行くのかな?遼香ちゃん」
「身体はこの通り元に戻ったわよ。あたしはもう家に帰らせてもらうから。そしてあん
たを警察に通報してやる・・・!!!」
「通報できるものなら別にここで通報しても良いよ。できるものならね・・・。ぐふふ」
伸昭は鞄から携帯電話を取り出し遼香に渡した。

「う・・・うるさい。あんたなんか通報してやる・・・!!!あんたは一生牢屋の中よ
。覚悟しなさい」と伸昭から携帯電話を乱暴に奪い電話番号を押そうとするのだが・・・。
どういうわけか・・・・手が固まり押すことができなかった。
「どうしたんだい?押しても良いんだよ」
「うるさい。今、押すから!!」

だが押そうとするもボタンを押せなかった。

「ど・・・どうして押そうとすると指が動かなくなるの・・・どうして・・・・?」
「ぐふふ。どうやら君に混じり合っている僕の精神が邪魔して押せないみたいだね」
「え・・・・?」
「君は早かれ遅かれ僕の忠実な従者となるんだ。あはは」

「いやよ。誰があんたなんかと・・・」と言いかけた直後、伸昭は遼香の身体に抱きつき
唇にキスをした。
「きゃっ・・・。何するのよ。いきなり・・・・」
「ぐふふ。ほんの挨拶代わりさ。君、家に帰りたいんだろう?だったらもう帰っても良
いんだよ。君の荷物を返してあげるからちょっと待っててね」

伸昭はそう言って奥の部屋へ行き身に付けているセーラー服と下着を脱いでそれをきち
んと畳んだ。全裸になったため適当に男物の服を着替え荷物を持って遼香の元へと戻っ
ていった。

「はい、これ。君の荷物だよ」と遼香に鞄やセーラー服・下着を手渡そうとすると彼女
はそれらを乱暴に掴み奪った。
「よくもあたしにこんな酷いことをしたわね。警察に通報してやるから覚えてなさ
いよ・・・!!」
彼女は睨みつけながらそう怒鳴って伸昭の元を去っていった。

伸昭はそれを見て「じゃあね。遼香ちゃん。また会おうね。あはは」と遼香の顔でニヤ
ニヤと妖しい表情を浮かべ遼香を見送った。




スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
検索フォーム
PR










アニメファクトリー 

  

アダルト電子コミック


最新トラックバック
関連サイト(別館)
9235ea0c.jpg
訪問者数
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。