射精少女(創) エロエロな館
FC2ブログ

エロエロな館

エロエロなブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)


射精少女(創)



堀丘亮輔(ほりおか りょうすけ)・・・・・・大学4年生。22歳。男性。
寺中佑香(てらなか ゆうか)・・・・・中学2年生。女性。黒髪ショート。清楚。温和。




堀丘亮輔は寄生能力を使い女子中学生の寺中佑香の身体に寄生したまま彼女に成り済ま
しオナニー三昧の変態ライフを送り続けていた。

佑香(亮輔)はいつもどおり学校から家に帰宅すると真っ先に自身の部屋へ入り壁に掛けて
ある姿見を覗き自身の姿を再確認した。

そこには夏用半袖セーラー服を身に付けた艶やかなナチュラル黒髪ショートをした清楚で
純粋な雰囲気を漂わせる幼顔をした可愛らしい少女の姿が映し出されていた。

自身が動作をすると目の前に映る少女も同様に動作をする・・・・。改めて亮輔はこの
寺中佑香という少女になれたんだと実感した。

佑香(亮輔)は姿見に映る自分と瓜二つな少女に唇を近づけ深いキスをした。
ちゅ~~、ちゅぱ~、じゅぱぁ~~、じゅぱああぁ~~!!
「セーラー服姿の佑香ちゃん・・・・はぁ・・・はぁ・・・・。なんて可愛いんだ。こうしてると双子
同士がいちゃついてるみたいだね。いつか一緒にエッチなことしようね。はぁはぁ・・・・」と
変質者のように嫌らしい言葉をしゃべらせ卑猥な喘ぎ声を漏らし姿見に映る自身の唇に
何度もキスをした。

それにより性欲が高まり自身の未発達な胸をセーラー服越しに揉みながらプリーツスカートの
上に手を当てやさしく撫で始めた。
「はぁはぁ・・・・佑香ちゃん・・・・まだ胸が小さいんだね。だけど心配はいらないよ。これから俺が
これからこの身体をたくさん開発(カスタマイズ)してあげるからね。はぁ・・・・はぁ・・・・」と小さく
変質者のような嫌らしい喘ぎ声を漏らした。

それから佑香(亮輔)はベッドに横たわりセーラー服のまま変態オナニーを行うことにした。

「最高だな。この身体。病み付きになっちまいそうだぜ」と男口調で呟きながら名器をプリーツ
スカートの上から弄り未発達な胸をセーラーブラウスの上から揉み始めた。

「あっ、あぁん♪気持ち良すぎだろ。これは・・・・ぁああああ!!!」
佑香(亮輔)の身体は敏感に反応していた。そうしているうちに名器に与える刺激が
強くなり・・・・・・。

「だめだぁ。そろそろいくぅ、いっちゃうぅ~!!うぁあああああ!!!」

シャアアアア~~~!!

佑香(亮輔)は女の子の名器を弄り続け快楽のあまり手付きが激しくなり早くも逝って
しまい愛液が純白色のショーツに染み込み汚れてしまった。
だが、それで終わりではなかった。

佑香(亮輔)は股間部分に手を当てそこに力を入れると・・・。
『ボゴオォ~~ン!!!』
卑猥な濁音とともにプリーツスカートのシルエットが乱れ捲ってみると少女には不釣り
合いなグロテスクな肉棒がそこに出現し純白色のショーツからはみ出ていた。

肉棒の亀頭には白く濁りかけた半透明色をしたネバネバとした卑猥で汚らわしい男の肉汁
が今にも超新星爆発を引き起こし垂れ落ちそうな状態になっていた。

「ははは。俺の真の姿が現れたな。今度はこいつ(俺の相棒)を可愛がってやる番だぜ」と
ニヤニヤと淫乱な笑みを浮かべてベッドの上でうつ伏せの状態になり胸をセーラーブラウス
の上から手荒に揉みながらプリーツスカート越しに肉棒をシーツに擦り付けた。

「ぅう・・・・あぁ~ん!あたしは女子中学生の寺中佑香・・・・。みんなには内緒に
してるけど本当は変態フタナリ娘で女の子を見てると欲情してしまって常にチンポがムラ
ムラして耐えられないの。今日もこうやって自分のチンポを扱いて快楽を味わって喜んでる
どうしようもないくらい変態さんなのぅ。はぁはぁ」
「あぁん、きもちいい。気持ち良すぎて・・・・あたし・・・・いや、ぼく、チンポの暴走を止めら
れないよぅ。あぁん♪」

佑香(亮輔)は全くの虚構の事実を彼女の口からしゃべらせグロテスクな肉棒を激しく
擦りつけていた。
すると・・・・。
「はぁ、あぁん。そろそろこっちのほうもいっちゃう~~。もうだめだぁ。ぼく、いっちゃうよぅ、
うああああぁあぁ~~~!!!」

どぴゅっ、どぴゅっ、どぴゅっ~~~!!!!
佑香(亮輔)の肉棒は絶頂を迎え男としてもついに逝ってしまった。
たくさんの濃厚で汚らわしい精液(ザーメン)を外に放出させてしまった。
「はぁはぁ。勢いでたくさん出してしまったようで最高のオナニーだったな。この女子中
学生の肉体をベースに変態フタナリ娘になれて本当に良かったぜ」

「さてと相当身体がエロエロになってきたことだし今日も佑香ちゃんに成り替わって小説
のほうも執筆しておこう。ぐへへw」

この寺中佑香という少女は小説がとても好きでWeb上にある自身のブログに小説を載
せているようだ。そのブログサイトの名前は『ましろにっき(〃ノ∇ノ)』。彼女のハンド
ルネームは『搭木煉瓦(とうもく れんが)』もしくは『もくれん』ということだった。
彼女は女の子らしい恋愛物やアニマル関連の癒し系の作品をたくさん載せていた。

だが、それも以前までのこと・・・・。
亮輔がこの少女の身体に寄生し乗っ取ってからは小説の趣向は一変し、『中年男⇔女子中
高生による憑依・入れ替わり』といった内容のものが好きで、そうした性転換官能小説ばかり
を載せるようになった。

以前まで白やピンクをイメージした癒し系小説サイト『ましろにっき(〃ノ∇ノ)』も背景
を重圧感のある真っ黒に染め、アブノーマルな男性指向の官能小説ばかりを投稿し文字
通り暗黒面(ダークサイド)に堕ちてしまった。

サイトのメインである『ましろにっき』という・・・・ひとりの少女が近所のアパート
に引っ越してきた男子大学生に片思いし告白できずに毎日を過ごしている・・・という
あらすじから始まる恋愛小説(ラブストーリー)があるのだが、名前と登場人物を借りてそ
れをモデルに第1話から新しく造り直すことにした。

『憑依の薬を手に入れた男子大学生は自らの性欲のあまり近所に住んでいる恋愛少女
の身体に憑依し彼女に成り済まし毎日オナニー三昧な変態ライフを送り続けている・・・』
というふうにしてみた。

妄想が高まりその小説を勢いのあまり黙々と毎日更新し続けているとサイトのアクセスが急
に伸び始めた。

「へへ。やめられねぇーなw この小説(ストーリー)・・・。この身体は俺が寄生して
乗っ取ったんだ。これからは俺が佑香ちゃんの代筆者(ゴーストライター)になってたくさん
のエロ小説を世に送り出してやんよwぐへへwww」とニヤニヤと嫌らしい笑みを浮かべ椅子
に座り学習机の上に設置してあるノートパソコンに向かい小説を黙々と書き続けていった。

官能小説を書いているうちにもプリーツスカートの中に隠れ潜んでいるグロテスクな肉
棒がすぐに復活し勃起しシルエットを乱していた。
その度にも肉棒をキュートな手でやさしく抑えていた。

「ひゃぁっ、ひゃぁん♪やだっ、あたしのチンポったらこんなに極太に大きくならないでぇ♪
暴れられでもしたら作業どころじゃないじゃない。執筆中は大人しくしてよぅ。はぁはぁ・・・・」
と部屋中に恥ずかしい甲高い少女の喘ぎ声を漏らし執筆を続けた。

「このブログサイトの管理人である俺は今や全て満たしていないんだろうけど後でいろ
いろと面倒だから一応は書いておくか。『この物語はフィクションであり実在の人物・団
体等は一切関係ありません。』、『当サイトは18歳未満の方や内容に不快を感じる方、
現実とフィクション(架空の出来事)の区別が付かない方は閲覧をご遠慮ください。』っ
てねw」

「まさかこんなアブノーマルなエロ小説の執筆者がオナニーやセックスもまだ知らないよ
うな幼顔をした可憐な少女とは誰も思うまいw(まぁ、中の・・・さらに中の人は20代の
男だけどなwww) さてと、佑香ちゃんの代筆者(ゴーストライター)としてたくさん小説を
書いちゃうぞ。ぐへへwww」

佑香(亮輔)はそういった調子で佑香に成り替わり今日も淫らな生活を送りつつ彼女の
時と一変したアブノーマルな変態小説を黙々と書き続けていった。

スポンサーサイト
[PR]


[ 2014/08/31 13:52 ] 寄生 | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
検索フォーム
PR










アニメファクトリー 

  

アダルト電子コミック


最新トラックバック
関連サイト(別館)
9235ea0c.jpg
訪問者数
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。