射精少女(出) エロエロな館
FC2ブログ

エロエロな館

エロエロなブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)


射精少女(出)



堀丘亮輔(ほりおか りょうすけ)・・・・・・大学4年生。22歳。男性。変態。
寺中佑香(てらなか ゆうか)・・・・・中学2年生。女性。黒髪ショート。清楚。温和。





女子中学生・寺中佑香の身体に寄生して成り済ましオナニー三昧な毎日を送ってから一
ヶ月が経過した頃だった。
亮輔は佑香の身体から離脱することにした。

「佑香ちゃん・・・この一ヶ月間、君の肉体を存分に楽しませてもらったよ。長居はよ
くないからそろそろ出ていくね」

夜の0時。パジャマ姿の佑香(亮輔)はベッドから起き上りパジャマのズボンとクマ柄
のショーツを脱いで股間部分に手を当て刺激させていた。

「むふぅ・・・・あぁん♪」と小さく喘ぎ声を漏らすと快楽のあまり手が激しくなり女の
子の名器を擦り続けていった。
身体は次第に熱くなり頬を真っ赤に染め眉を潜め汗を掻き舌唇からは涎を垂らしていた。
『ボゴオォ~~ン!!』

女の子の名器を集中的に擦り続けると、そこから少女の身体には全く不釣り合いな男性
の象徴であるグロテスクな肉棒が出現した。

「はぁはぁ・・・。たくさん外にブッ放してくれ!!!うああああぁぁああ~~~!!!」
どぴゅっ、どぴゅっ、どぴゅっ~~~!!!
佑香(亮輔)は天井に向けて卑猥な白く濁りかけな半透明色の粘液を大量に放出させた。
それと同時に佑香はアへ顔で白目を向き床に倒れ込んだ。彼女の股間部分に生えている
肉棒は次第に収縮され消滅してしまい元の女の子の肉体に戻っていった。

彼女が放出させた大量の粘液は床にポタポタと落ちひとつにまとまり人の姿を形成して
いった。そしてそこに出来上がったのが20代前半の男ではなく・・・・代わりにそこ
にはひとりの少女の姿が形造られていた。

艶やかなナチュラル黒髪ショート・希望に満ち溢れた大きくて愛嬌のある天使のよう
な瞳・潤いのある若々しい肌・成長途中で控え目な胸・周囲には薄い陰毛が生え
そろっている新鮮で未熟な女性の名器・小柄でキュートな身体・・・・・全体的に清楚で
純粋な雰囲気を漂わせる幼顔をした美少女・・・・『寺中佑香』がそこに立っていたのだ。

佑香と瓜二つなその少女は姿見の前で動作をし確認した後、床に倒れ込んでいる佑香に
パジャマのズボンをちゃんと穿かせ身体を持ち上げベッドに寝かせた。

「ははは。長期間、佑香ちゃんの身体の中に寄生してたからDNAを充分に取り込むこ
とができたぞ。おかげで佑香ちゃんと全く同じ身体(分身体)になれたぜ」
「唯一の違いと言えばココだな・・・・うぅっ・・・・うああああ!!!」

『ボゴオォ~~ン!!』
佑香(亮輔)は女性器に力を入れるとそこから男性の象徴であるグロテスクな肉棒が出
現した。
「へへ。この身体は俺と佑香ちゃんのDNAが混じり合っている不純物だ。身体の全
体もしくは部分変化なんて簡単なことさ」

「じゃあな。佑香ちゃん。またどこかで会おうぜ。・・・・・と言っても寄生時に脳に細
工しておいたから俺のことなんて知らないだろうがなw」

佑香(亮輔)はそう言って箪笥の中から下着を取り出して身に付け、その上にハンガー
にかけてある夏用半袖セーラー服を身に付けた。
最後に股間部分にあるグロテスクで極太な肉棒を引っ込めるとプリーツスカートのシル
エットの乱れはなくなり完全に女子中学生の『寺中佑香』となった。

佑香(亮輔)はベッドで眠っている佑香の唇にキスをし速やかに外へ出て彼女のもとか
ら去っていった。




午前6時・・・・。
寺中佑香は目覚まし時計の音で目を覚まし身体を起こした。

「ぅう・・・・・んぅん・・・そういえば昨夜ブログを開設しようと思ったんだけど寝
ちゃったぁ。よし、今日忘れずにがんばるぞぅー」
佑香はカーテンを開けたあと自室を出て階段を降りてリビングへ向かった。
亮輔は佑香の身体に寄生した時に彼女の脳を弄り都合よく記憶を操作し真実を隠蔽する
ことにしたのだ。ついでに最後に家を去る前に彼女の家族全員の身体に寄生し記憶操作
を行った。

それにより、以下の3点の記憶を削除し偽りの記憶を植え付けることができた。
①亮輔が佑香の身体に寄生し彼女に成り済まし淫らな生活を送っていたこと⇒いつも通
りの平凡な日常を送り続けた。
②以前からブログを開設し自作小説を執筆し掲載していたこと⇒最近になってブログを
開設しようと思うようになった。
③亮輔が最後に箪笥の中に入っていた下着類やハンガーに掛っていた制服(セーラー服
)を持っていったこと⇒元々存在しなかったことにしたため盗られたことを知らない。

亮輔は佑香の身体を使ってオナニーは行っていたが関係人物には全くちょっかいを出し
ていなかったので記憶操作をしても何の障害もなかった。

佑香のDNAを取り込んだ亮輔は彼女の姿で一カ月ぶりに自身の住むボロアパートへ戻
り早速オナニーを始めた。

男臭のする汚らわしい部屋の中でセーラー服姿の黒髪ショートの美少女がセーラー服越
しに胸を揉みグロテスクな肉棒を剥き出しにし壁に擦り付け刺激を与えていた。
「ぁあ・・・・きもちいい・・・・きもちよすぎるよぉ・・・・俺の佑香ちゃん。ここ
でなら誰にも邪魔されずに嫌らしいことをたくさんできるね。はぁ・・・・はぁ・・・・・」

佑香(亮輔)は変質者のごとく甲高い声で喘ぎ続けていった。

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
検索フォーム
PR










アニメファクトリー 

  

アダルト電子コミック


最新トラックバック
関連サイト(別館)
9235ea0c.jpg
訪問者数
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。